思いがめぐる

2013年06月





In August 2011, four young children from Fukushima travelled to Tokyo to submit 40 letters written by
primary and junior high school students to officials in the Japanese Cabinet Nuclear Power Emergency Operation Centre and the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology. In those
letters, the children expressed their feelings about the difficulties they have experienced since the
nuclear power plant incident in March 2011, and how they have suffered as a result. The children
asked the officials why they had been forced to endure such difficulties.

The meeting was organized by the Fukushima Network for Saving Children from Radiation, in order to convey the students’ message to the government at the House of Representatives, because children
in Fukushima are now the biggest victims of the nuclear power plant disaster, and there were people
present at the meeting to hear the their message from Tokyo, Kyoto and Yamaguchi prefecture.

Kana Hashimoto, a second-year junior high school student, asked the officials to reconsider their
policy regarding the evacuation area so that children could evacuate together as a school.
‘’I had to change schools in June and it made me very sad. When I left school, I had to leave my
friends behind, and they cried. It was very difficult for us to leave each other, to leave Fukushima, and be moved to different schools. I have friends who left Fukushima like me, and other friends who
remained: we all worry about each other very much. So I would like to ask you to seriously consider
evacuating us together to a safe place with our school friends. I would also like to ask you to make
plans to decontaminate the entire Fukushima area including the forests, the mountains and the fields
during the time that we are evacuated. We need you to do everything you can to ensure that we can
live together again happily in Fukushima.’’

In response to the students’ simple, direct question about the situation in Fukushima, the government
officials replied that they would do their best to decontaminate the area because they understood that
is what people expect of them.
However, in response to the question of the evacuation policy which was the cause of so much
sadness to the children who had to leave their friends behind and relocate to different schools, not
one of the ten officials at the meeting could give an answer, and they simply passed the microphone from one to the other in silence.
(This is the translation of this article: http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1203)



This is one of the 40 letters submitted at the meeting, written by a fifth grade school girl.

Fukushima city, 5th grade primary school girl

“Will I be able to have healthy babies? How long will I live?”

Why do I have to change schools and leave my friends behind?

Why do I need to wear long-sleeved shirts and long trousers? And why do I have to wear a mask and a hat whenever I go outside, even when it’s hot in the middle of summer?

I can’t play outside anymore. I’m not even allowed to open the windows.

And these days my mother is always busy, watching the news on TV or searching for information
about the radiation problem on the computer.

From next semester I have to go to a new school. That means I have only 7 days left with my friends
at my current school. I hate it. It makes me feel so sad.

On the TV, they tell us that it’s safe here where we live in Fukushima. But I went to a conference about the radiation problem, and the people there said that it’s not safe at all: it’s dangerous.

People from other districts are working to evacuate children like us from Fukushima.

I don’t understand why ALL the people in Fukushima can’t be evacuated to a safer place.


My hopes and dreams for the future have completely changed in the past year.

*I want you to get rid of the radiation.

*I want you to make Fukushima an evacuation zone.

*I want Japan to be a safe country again.

*I want to be able to have healthy babies.
(this phrase was removed from the body of the letter too, not just from the title)

*I want to live a long, happy life.

*I want to know if you really believe that there is no radiation problem and that it is safe to live here.

*I want you to close all the nuclear power plants: it’s not safe to have nuclear plants in Japan
because we have earthquakes.

*I would like to help the people evacuating from Fukushima to be happy.

*I would like to help people to learn to smile again.

*My dream is that Fukushima will be re-built with help from people all over Japan.

*And I dream that one day I will have a dog and I will be able to play with him outside and not worry
about the radiation.

*And I would like to go on the school trip which my friends and I have been looking forward to for so
long.

Please protect us.














Fukushima city, 5th grade primary school girl

“Will I be able to have healthy babies? How long will I live?”

Why do I have to change schools and leave my friends behind?

Why do I need to wear long-sleeved shirts and long trousers? And why do I have to wear a mask and a hat whenever I go outside, even when it’s hot in the middle of summer?

I can’t play outside anymore. I’m not even allowed to open the windows.

And these days my mother is always busy, watching the news on TV or searching for information about the radiation problem on the computer.

From next semester I have to go to a new school. That means I have only 7 days left with my friends
at my current school. I hate it. It makes me feel so sad.

On the TV, they tell us that it’s safe here where we live in Fukushima. But I went to a conference about the radiation problem, and the people there said that it’s not safe at all: it’s dangerous.

People from other districts are working to evacuate children like us from Fukushima.

I don’t understand why ALL the people in Fukushima can’t be evacuated to a safer place.


My hopes and dreams for the future have completely changed in the past year.

*I want you to get rid of the radiation.

*I want you to make Fukushima an evacuation zone.

*I want Japan to be a safe country again.

*I want to be able to have healthy babies.
(this phrase was removed from the body of the letter too, not just from the title)

*I want to live a long, happy life.

*I want to know if you really believe that there is no radiation problem and that it is safe to live here.

*I want you to close all the nuclear power plants: it’s not safe to have nuclear plants in Japan
because we have earthquakes.

*I would like to help the people evacuating from Fukushima to be happy.

*I would like to help people to learn to smile again.

*My dream is that Fukushima will be re-built with help from people all over Japan.

*And I dream that one day I will have a dog and I will be able to play with him outside and not worry
about the radiation.

*And I would like to go on the school trip which my friends and I have been looking forward to for so
long.

Please protect us.








2011年8月の記事ですが、記録に残しておきたいと思います。
以下、OurPlanet-TVさんのサイトより







http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1203


福島の小中学生4人が上京し、原発事故の影響で辛い生活を強いられている自分たちの思いを綴った手紙約40通を、内閣府原子力災害対策本部と文部科学省の担当者に手渡し、「どうしてこんな思いをしなくてはいけないのか」と訴えた。
 
主催したのは、子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク。原発事故の一番の被害者である福島の子どもたちの声を永田町に届けようと企画したもので、会場の衆院議員会館には、首都圏だけでなく、京都や山口県からの参加者もあり、子どもたちの声に耳を傾けた。
 
中学2年生の橋本伽耶さんは、「わたしは6月に転校をしてとても悲しい思いをしました。友達も泣いて別れを惜しんでくれました。こんなふうにバラバラになっていくのは、わたしたちにとって耐え難く悲しいことです。出て行った人も残った人もお互いのことが心配でたまりません。ですから、わたしたちが学校の友だちとみんなで安全な場所に避難できるよう、真剣に考えてください。そして、わたしたちが避難している間に、森も山も川も田畑も、福島県全域を徹底的にきれいにする計画を立てて、実行してください。わたしたちが将来安心して暮らせるよう、最大限の努力をしてください」と訴え、避難範囲を見直し学校ごと集団疎開できるよう訴えた。
 
子どもたちのストレートな問いに対し、政府の担当者は、「除染が期待されていると思うので
頑張ります」と回答。子どもたちの悲しい思いはそういうことではない。疎開については
どう思うのかと指摘されると、マイクをたらい回しにし、10人出席した政府関係者は誰ひとり、きちんとした回答をしなかった。





提出された40通の手紙の一通です。

◆福島市 小学5年生の女の子

「わたしは、ふつうの子供を産めますか?何さいまで生きられますか?」

 なんで、わたしだけ、転校しないといけないんですか。

 毎日、長そで、長ズボン、マスク、ボウシでとても暑い日もいっています。

 外でも遊べません。まども、去年のようにはあけられません。

 わたしのお母さんは、いつもニュースを見るかパソコンをしています。

 わたしは2学期から転校します。あと7日しか、学校にいれません。とってもいやでとってもかなしいです。

 TVでは、福島市○○○は安全ですといっているけど、じっさいに、こうえん会にいくと、いろいろな人があぶないと言っています。

 他の県の人達も、福島の子供、わたしたちを福島県からにがそうと、いろいろプロジェクトを考えてくれています。

 なぜ福島市は、ひなんにならないのですか。

 「わたしの夢は去年とは全くちがいます」

*放射線をなくしてほしいです。
*ひなんくいきにしてほしいです。
*平和な国にもどってほしいです。
*ふつうの子供を産みたいです。
*長生きしたいです。
*本当にだいじょうぶと思っているのかを知りたいです。
*もう、じしんの国、日本に、げんぱつをなくしてほしいです。
*ひなんしている人を元気づけたいです。
*みんなが自然のえがおでみんなを元気にしたいです。
*日本中のみんなの力を合わせてふっこうしたいです。
*放射線がなくなって、外で犬をかいたいです。
*しゅくはくくんれんに今の学校の仲間といきたいです。

 お願いします。私たちを守ってください。










いわきのママたちと地下貯水槽と作業員の方のお話の件。
‐おしどりマコ・ケンの「脱ってみる?」‐マガジン9
http://magazine9.jp/oshidori/130415/
以下、上記の記事からの抜粋です。


3.福島第一原発作業員の方の驚愕のお話。

 しかし! この地下貯水槽の濃縮塩水の漏えいなど、比較したら案外些末なことだ…と思ってしまうことを伺いました。
 4月11日は原発作業員の方と東京大学の若い先生と話し合っていました。


3-1.レベル7の原発事故の収束作業なのに、お金も時間もケチってる!?

作業員「まぁ、あちこちから漏れるのは当たり前だと思いますよ」

――えーどうして!?

作業員「だって、いろいろな設備は応急処置の突貫工事でしたから。原発事故のあと、とにかく、急いで、1年ほど持てばいいから、というような感じで設備を作っていったんです。施工業者によっては、『品質の保証はしない』という一文が契約に入っていたりもしてましたよ。その1年持てばいいと作った設備を1年以上使っているのですから、あちこち劣化はしていくでしょう」

 ショック…。

作業員「そしてもう一つ。とにかく急いだのと、問題は『とにかく安く!経費を抑えて!』という発注なのです。原発事故収束のため、国から東電にお金が投入されていますが、それはただ与えたわけじゃない、いずれ国に返還する性質のものです。つまり、借金。福島第一原発は今後利益を生むわけでなし、そうすると東電はできるだけ借金を少なくしようとしますよね。するとどうなるかというと、原発事故収束のための工事・設備が『とにかく予算をおさえて! 経費をおさえて! 安い素材でいいから!』といったことになるのです。世界の叡智を集めて事故収束にあたるというようなことでは、現場は全くありませんよ」

ケンパル「世界の叡智でなくて、ケチを集めていますねぇ!」

作業員「お金だけでなく、時間もケチっているのです。『年度末だから急いで工事を仕上げて!』というような現状もあります。『年度末だからもう予算が出ない』とかね。レベル7の原発事故という大惨事が継続中ですのに、なぜ、このような『年度末』に振り回されないといけないのか…。
 原発事故の収束作業というのは東京電力という一企業に任せていいことではない。企業であるかぎり、利益を追求せねばならないし年度末や決算もあるでしょう。なので、福島第一原発を、東京電力から切り離し、事故収束のため、廃炉のためのプロジェクトやチームを立ち上げねばダメだと思います」


3-2.事故以前と同じ人員確保の状態では、原発事故収束作業員の確保は破たんする!!

作業員「お金の問題だけではありません。人員も大きな問題です。事故収束にあたる人員の確保は本当に難しくなっています。線量限度を超えてしまった人間はもちろん現場作業にあたれなくなりますね。経験・知識を持った作業員が減っていくことは予想されていました。
 それだけでなく、遠方から来られる、とにかく短期でお金を稼げればいいという作業員。これは、まぁ原発だけでなく建設業界の闇ですが。こういう方々は事故前なら、元請けから4次請け、5次請けくらいでまわっていました。でも事故後はそれでも人員を確保することが難しく、9次請け、10次請けまで手配に動いても、なかなか人が集まりません。そして、それほど下請け会社を挟むと、労働賃金はかなり削られますね。
 で、どういうことが起きているかというと、遠方から、お金を稼ぎにきた作業員は、福島にきて、宿舎に入り、いろいろな人間と話すとあることを知るのです。それは、除染作業のほうが、一日の労働賃金が高く、被曝量も少ない、ということを。そうすると、遠方から福島にきて、原発事故作業員をやっていた人間が、次々と辞めて、除染作業員になっていくのです。」

 わ、その話はいろいろな作業員の方から伺っていましたが、やっぱり…。

作業員「もう一つの種類の作業員もいます。全国の原発の作業員たちです。今は全国の原発はほとんど止まっていますよね。各地の原発作業員たちが、責任感と使命感から、もしくは指示を出されて福島原発事故の収束作業員として来ています。しかし、これから各地の原発はどんどん再稼働されていくので、そうなると、彼らはまた、元いた自分の原発に帰っていったり呼び戻されたりすることでしょう」

――えー! どんどん再稼働しますか、やっぱり!

作業員「もちろんしますよ、そういう流れになっています。規制庁から骨子が出たでしょう、あれでどんどん再稼働のための点検が始まっていくことになっています。これから点検のために作業員が呼び戻されていきますよ」

 規制庁から、再稼働のための原発の「新安全基準の骨子(案)」が出たので、電力会社によっては、工事・点検・調査に走り出したところもあるとのこと、それで各地の原発作業員が戻っていっているそうです。

作業員「元々の福島第一原発の作業員はどんどん線量限度をパンクさせていく、全国各地の原発作業員は再稼働とともに、各地に戻っていく、お金を稼ぎにくる現場作業員も集まらない。経費を抑え、安い素材で設備を作っているだけでなく、作業員の人員確保も大きな大きな問題なんです」

――お金も人間も、大きな問題ですね…。

作業員「作業員の形態もまだ問題があります。建設業界の深い闇ですが、3次請け、4次請けなど、下請け会社の問題。先程も言いましたが、現在は9次請けなど、かなりの下の会社と一緒に作業しているのが現状です。だから、10人でチームを組んである作業にあたっているとしますよね。その中には3次請けや6次請けや、いろいろな雇用の人が混ざっているのです。しかし、元請けや2次請けの、チームのリーダーは、6次請けや9次請けの作業員に直接指示できない。それが、『偽装請負』と言われてしまったからです。
 確かに直接の雇用関係にないのに指示するのは違法ですし、建設業界の闇の部分で正さなければいけないところはたくさんあります。でも、今、原発事故収束作業にそれを求められると困る部分もあるのです。今、作業をしながら、『あ、そこの部分はこうやって作業してほしいのに……』と思っても指示することができません。その人間が現場を離れ、『雇用関係じゃない人間に指示され働かされた!』と訴えればそれが偽装請負になるからです。なので、怖がってなかなか指示できない、という問題もあります。
 確かに偽装請負は悪いことです。でも人員が確保できず、いろいろな立場の人間が一緒に作業せざるを得ない現場で、この状態は非常にまずい。もう、このような雇用形態も変えてほしい。一括して国やどこかが、事故収束のために管理するべきだ。これも、東京電力から福島第一原発を切り離してほしい理由の一つです」


3-3.4号機の使用済み燃料プールだけではなく!!

作業員「東京電力の収束作業計画として、世論で騒がれているところにフタをしていく、といった傾向があります。廃炉に向けての長期的計画ではなく、騒がれないようにするだけの場当たり的な計画になっているんですね。騒がれないところは放っておく。
 4号機の使用済み燃料プールは話題になっているでしょう。だから、早くに様々な対処・計画が立ちました。しかし、私は、4号機の問題は使用済み燃料プールだけではないと思っています。
 原子炉をはさんで、使用済み燃料プールの反対側にDSP(機器貯蔵プール)というものがあります。通常の運転中はDSPはあまり使用しません。しかし、震災時、4号機は定期点検中だった。震災の直前に、4号機の原子炉の中からシュラウドを取りだし、水中で切って、DSPの中に入れていたのです。なので、4号機のDSPの中には高線量のシュラウドや切りくずがいっぱい入っているのです」

 シュラウドとは、原子炉圧力陽子の内部に取り付けられた円筒状のステンレスの構造物。内部に燃料集合体や制御棒を収納します。原子炉の中で、冷却水の流路を確保するための仕切板の役目もあります。高さ7m、直径4.5m、重量は35tという大きいもの。これは原子炉の中で燃料棒が臨界を起こしているときに一緒に入っているので、うん、それはそれは高線量になるよね! それが4号機の使用済み燃料プールの反対側、DSPに入っているというのです。

作業員「DSPはもちろん満水ですし、シュラウドや機器もたくさん入っている。このDSP全体の重量は1年ということで構造計算をしていたはずなので、爆発して建屋の構造が弱まっている現状、DSPはどうするのだ、と心配なのです。4号機の使用済み燃料プールの燃料棒取り出しの計画のときに、一緒にDSPの貯留物も取り出したほうがいい、という提案もあがったのですが、『そこまでの予算は無い、今騒がれているのは使用済み燃料プールだから』という理由で却下されたそうです」

――わー、DSPはあとどれくらい持つかしら…

作業員「1号機のカバーリングも終わりましたが、あれも対症療法。あれは、カバーを外す想定で作られておりません。最終的に、建屋の中に入り、廃炉作業をしなくてはいけないのですが、どうやって壊すんでしょうねぇ…。壊すのに手間がかかると思いますよ…。でも、『とにかく、大気中に放出する放射性物質を低減させていけば、世論がおさまる!』といった理由で、取り外せないカバーを応急処置でかぶせたそうです」

 聞けば聞くほど、ガッカリなお話です。地下貯水槽の漏えいなんか些末な話だ、というのがわかってきました…。


3-4.一番の問題は2号機がシビアな状況になること!!

作業員「そう地下貯水槽など些末なんです。なぜかというと、本丸は汚染水や冷却システムではなく、建屋、原子炉ですからね。1号~4号まで、どうやって解体、処理していくか。まだ中にも入れない状況ですよね。それに比べれば、現場は、メタクラや地下貯水槽など、建屋外の問題は些末に感じてしまいます、重要なことですけれどね」

――では一番、問題なのはどこですか?

作業員「それはやっぱり2号機です」

東大の先生「やっぱり! 2号機は研究者の間でも、全く想像がつかないんです!」

作業員「2号機は中がどうなっているか、震災直後にどういう状況になったか、さっぱりわからないんです。1号機や3号機の爆発はある程度想像はついています。いろいろなパラメータをみたりして、恐らくこういった挙動でこういった事象になったんだろう、ということは推定されています。
 しかし、2号機はさっぱり。なぜ、爆発もしていないのに、あんなに大量の放射性物質が放出されたのか、燃料棒はいったいどうなっているのか。いろいろなパラメータから、恐らくメルトスルーはしていないのでは、と言われていますけどね」

東大の先生「そうですね、突き抜けてはないようなんですよね」

作業員「では、なぜあんなに大量の放射性物質が外に出ていったのかは全くわからないんです」
(2号機から放出された放射性物質は1、3号機と比べてケタ違いに多いの!)

作業員「事故直後の挙動の推定がつかないだけでなく、建屋の中に驚くほど高線量の部分があるのも2号機なんです。はっきり言ってしまうと、もし注水などに問題があり、冷却ができなくなる事態が起き、どうしようもない、といった過酷な状況になったとします。1、3、4号機ならば、決死隊が被曝覚悟で駆け込んで何とかすることができるんです。
 しかし、2号機は。2号機の建屋は、非常に線量が高いところが多々あるため、決死隊が駆け込んでも、作業する前に死んでしまう、問題の個所にたどりつけない可能性が高いのです」

 ……………そんなにシビアだとは。

作業員「だから、メタクラや地下貯水槽など、建屋外の構造物の作業など、些末な問題だと感じてしまうのはわかるでしょ、被曝はしますが、簡単に作業できる場所ですので」

********


4.おまけ

 とにかく、レベル7の原発事故はまだ継続中で、このままの状況だと、収束までたどりつかないだろう、なので、福島第一原発を東京電力から早く切り離さなければ、また日本が危機的状況になるのではないか、ということを広く伝えてほしい、とおっしゃっておられました。

 それは「いわきの初期被曝を追及するママの会」の方々にも伝えました。
 「やっぱり! もう冷温停止状態なんか早々と宣言してしまって! またもう一度、福島第一原発が大変なことになったら、どうやって子供たちを急いで避難、疎開させるかの計画など全く無いのに! いわきは原発事故の収束作業を支える地域でもあります。でも、何かあったら、子供たちだけは急いで逃がしてほしい。レベル7の事故が継続している以上、地元ではもっと注目していろいろ考えていくべきことです。作業員の方々の安全も、いわきの子供達の避難も、日本が汚染されないことも全部同じで重要なことですから!」

*********


5.おまけのおまけ

 そういえば、どんどん増え続ける汚染水は、最終的にアルプス(多核種除去装置)でできるだけ放射性物質を取り除いてから、海に流すそうです。

 2011年の暮れに、現場の作業員の方から「今日、アルプスの試験運転が始まったよ! これでできるだけ取り除いて、海に流す予定らしいよ!」と電話がかかってきたこともありました。
 すぐに統合会見で質問をしたら「そのような計画はありません」と東電松本さんはおっしゃっておられましたが。なかなか、アルプスの処理水を海に流す、ということが言い出せず、そして試験期間も長引いて、ほったらかしにしたまま、時間がすぎている、という印象ですね。

作業員「だから、1年も放っておいて、部分運転しかほとんどしなかったから、アルプスを実用段階にもっていったら、またすぐどこかが故障するんじゃないですか…」

 とのことでした。

 多核種除去装置といっても、トリチウムだけは取り除けないんですけどね!!
 とにかく、原発事故は全く終わっておらず、ますますひどい状況になる可能性が高いということ、それを世間のみなさんに知ってもらい、何とか国や社会を動かしてほしい、という作業員の方のお話でした。









以下FukushimaVoice(2013年3月3日日曜日)より転載です。
http://fukushimavoice.blogspot.jp/2013/03/10.html?spref=tw




記事に見るチェルノブイリ事故後10年間の症状

 〜 チェルノブイリ新聞切り抜き帖より





チェ ルノブイリ原発事故後、5年からさまざまな疾病が急増することについては理解されている。しかし、この認識の一方には5年間の猶予があると理解されている節もあり、このことは、非常に危険である。データというものは数値でしかない。それ故に、冷徹に判断するには妥当であるが、事の経緯について、進行する物 事の状況について、想像する事は困難である。

原子力安全研究グループ内に「チェルノブイリ新聞切り抜き帖」というチェルノブイリ原発事故後、20年分のチェルノブイリ原発関連の新聞の切り抜きがある。 この切り抜き帖より、事故から10年間(事故発生1986年4月より1996年迄)を抜き出し、さらに、身体症状に関する記事を抜き出した。

福島第一原発事故後、私たちは多くの不安を抱え、暮らしている。ここに示される10年が全く当てはまるかどうかはわからない。しかし、多少なりとも、あるいは、それ以上に、起こるであろうことを予測せざるを得ないのが、現状ではないかと思う。

なお、ある時期を境に症状に関する掲載が極端に減っている。しかし、これはなにも症例数の減少ではなく、マスコミの取材興味対象の変化によるものではないかと思われる。

*この記事抜き出しは、避難、汚染についても今後行う予定である。
*記事中「?」の化け文字と思われる記載があるが、そのままに記録した。


記事に見るチェルノブイリ事故後10年間の症状 〜 チェルノブイリ新聞切り抜き帖より


1986年4月〜


86/04/30 読売 「ソ連、最悪の原発事故」
ソ連閣僚会議は28日夜(日本時間29日未明)、国営タス通信を通じ、ウクライナ共和国のチェルノブイリ原発で 事故が発生、原子炉1基が破損、被災者がでたと発表した。キエフ市当局者は、事故が26日におき多数の死傷者が出たことを確認した。事故発生から3日後の29日夜現在も同原発では炉心火災が続いている模様。


86/04/30 東京 「死者2千人越す?」
ソ連の原発事故について、各種報道を総合すると、事故が起きたのは26日夜で、2000人以上が死亡したとの情報もある。


86/05/01 読売 「建屋破壊まざまざ」
ソ連政府は30日夜に声明を発表、チェルノブイリ事故の死傷者に関し、死者数千人という一部西側報道を否定、死者が2人であることを確認するとともに、197人が病院に収容されたことを明らかにした。


86/05/02 朝日 「重体は18人」
ソ連は1日午後、チェルノブイリ事故の被害者のうち18人が重体だと発表した。前日、被害者の数は197人でそのうち49人はすでに検診を受けて退院したとしていた。また、被害者のうちに外国人はいないと伝えた。


86/05/03 朝日 「4邦人が被ばく」
科学技術庁は2日夜、ソ連・キエフ地方から帰国した日本人4人が、チェルノブイリ事故による放射能を浴びていた、と発表した。4人は32?50歳の男性で、4月22日から同28日夜まで、チェルノブイリ原発の北約300kmのモギレフに商用で滞在していた。1日 夜成田空港へ帰国、2日に東大で検査したところ、体内にヨウ素131と微量のセシウム137が検出された。


86/05/06 朝日 「帰国者45人が汚染」
キエフ、モスクワ経由の観光旅行から5日、成田空港に日本人101人、在日外国人22人の計123人(3便)が帰国、検査の結果、体や荷物がチェルノブイリ事故による放射能で汚染されていた。科技庁放医研が同空港で帰国直後に調べたところ、体が汚染されていた人は 45人、スーツケースなど86個も汚染されていた。このうち甲状腺に放射能が検出された8人は、同研究所で精密検査を受けた。


86/05/15 朝日 「死者9人、292人入院」
ゴルバチョフ・ソ連共産党書記長は14日夜、チェルノブイリ事故以来はじめて国営テレビを通して演説し、同事故 とその後の対応に関し、最高指導者としての見解を表明した。同書記長は事故について、?原子炉の停止作業中に大量の蒸気が発生、水素爆発を誘発した?死者 は9人、292人が入院中?発電所と隣接地域の放射能は今も人間にとって危険な水準にある、などを明らかにした。


86/05/15 朝日 「市民の多くが脱毛」
チェルノブイリ北方130kmのゴメリ市に住む女性は、モスクワの友人へのへの電話で、この数日間で頭髪が全部抜け落ちたと告げた。この女性によると、5歳の自分の子供をはじめ、人口30万人のゴメリ市民の多くの人も同じ目に遭ったという。


86/05/15 毎日 「原発事故、10万人が放射能検査」
14日付けのソ連紙ソビアツカヤ・ロシアは、これまでにチェルノブイリ原発の周辺住民を中心に10万人が放射能検査を受け、検査はまだ続いていると報じた。


86/05/19 朝日 「死者は11人に」
ソ連政府機関紙「イズベスチヤ」は18日、チェルノブイリ原発事故で消火に当たった消防士がさらに一人死亡した と報じた。これでソ連側の発表による死者数は計11人となった。米国の骨髄移植の専門家、ゲール博士は16日、同事故の被曝者の治療を終えて帰国するに当 たって、13人が死亡、300人が負傷という数字を明らかにしている。


86/05/21 毎日 「中絶を、妊婦殺到」
ユー ゴの首都ベオグラードからの報道によると、ユーゴ国内の病院では、チェルノブイリ事故の影響を心配して中絶 手術を求める妊娠女性が殺到している。同国内でこれまで放射能障害の危険が報告された例はないが、当局は妊産婦に対して行っている健康状態の定期的監視態 勢を当分続行するよう関係方面に指示したという。


86/05/25 毎日 「炉と一緒に犠牲者“埋葬”」
ソ連共産党機関紙プラウダは23日、チェルノブイリ原発事故で最初に死亡した2人の犠牲者のうち1人は遺体が発見されないまま、事故炉と一緒にコンクリート詰めにされることになったと報じた。


86/05/29 朝日 「被曝患者1000人」
ノー ボスチ通信は28日、チェルノブイリ原発事故の重症患者が収容されているモスクワ第6病院のグスコバ医師の 話として、事故による患者は千人に達すると伝えた。ゴルバチョフ共産党書記長は14日の演説で、入院したものは約300人と述べており、千人というソ連側 報道はこれがはじめて。同通信はまた「事故の4時間後には特別の医師団がモスクワから現場へ飛ぶ態勢を整えていた。さらに24時間以内に医師団は千人の中 から重症者100人を選別した。第3陣として最後にモスクワに送られてきて、現在治療中の患者は避難民だ」と伝えた。


86/05/29 朝日 「ウォッカに殺到 放射線障害に効く !?」
「ウォッ カは放射線障害に効く」――チェルノブイリ原発事故で放射能汚染の影響を受けているソ連のキエフ紙では、こんなうわさが広まったため、住民がウォッカに殺到、アル中追放運動で販売が制限されているウォッカが町中にはんらんしている。キエフ市では通常9 ルーブルもするウォッカが4分の1以下の2ルーブルという特価で販売されている。


86/06/07 朝日 「住民2人も入院」
チェ ルノブイリ原発事故による患者の治療にあたっているゲール博士ら米ソの専門家は6日午後、モスクワで記者会見し、放射線障害で入院した299人の中には、原発から約3km離れたところにいた住民2人が含まれていたことを明らかにした。「1人は自転車に乗ってい て、ひざの部分がやけどをしたようになった。もう1人は野菜畑で仕事をしていた女性だ」と同博士らは述べた。


86/07/12 毎日 「被ばく1.3?2.6ミリレム」
科学技術庁は11日、チェルノブイリ事故による日本への放射性降下物の影響をまとめた。セシウム137の降下量は、最も大きかった石川県で、1平方km当り7ミリキュリーだった。降ってきた放射能による推定被ばく線量は5月からの1年間で、外部被ばくが1人当り平 均で1.3ミリレム、内部被ばくは成人平均で2.1ミリレムと計算された。


86/07/21 朝日 「原発事故は人為ミス」
ソ連政府は、チェルノブイリ事故の直接原因は「人為的ミス」であったことを明らかにするとともに、関係者の解任 などの処分を行い、刑事責任も追及中であると発表した。また、事故により28人が死亡、直接の被害額が20億ルーブル(約4700億円)にのぼったことを はじめて公表した。「事故は労働者たちの一連の重大な原子炉運転規則違反によって引き起こされた」もの。事故が発生したとき、4号炉は計画に基づく修理作 業中で、タービン発電機の運転に関する実験が同時に行われていた。


86/08/22 朝日 「設計上の備え欠いた」
ソ連当局は21日、モスクワで記者会見しチェルノブイリ原発事故についての最終的な調査結果を発表した。その中で、?死者は31人にのぼり、現在なお3人が重体である、?安全装置を切るなど6つのミスが重なって事故が起こった、?原子炉の設計者はこうした異常な 人為ミスに対する備えを考えていなかった、?放射能医学センターをキエフに作る、などの点を明らかにした。現在まで入院した人の数は299人。そのうち 放射線障害を受けたものは203人だった。チェルノブイリ原発半径30kmの危険地帯から避難した人の数は約13万5000人(うち子供4万5000人) にのぼった。また、事故のあった4号炉は「埋葬」されるが、運転を停止している1号・2号炉については「秋には操業を再開するだろう」との見通しを示し た。


86/08/23 朝日 「6000人以上の早死に予測も」
ソ連がIAEA(国際原子力機関)に提出したチェルノブイリ原発事故報告書によると、事故による放射能汚染は当初考えられていたより広い地域にわたり今後、国内で6000人以上が早死にし、避難した住民は4年間も戻れないかもしれないとしている。


86/09/10 北海道 「ガン死、30万人以上に」
チェルノブイリ事故の放射能によるガン死者数は全世界で30万人を超す、という予測結果を、米カリフォルニア州アナハイムで開かれた米化学会で、カリフォルニア大ゴフマン教授が発表した。この予測は、ソ連政府がIAEAに提出した報告書の数値に比べはるかに大きい。


86/09/20 日経 「原発事故で住民に補償」
ソ連のゴスチェフ蔵相は19日、チェルノブイリ事故の損害と住民に対する補償措置について記者会見した。原発周辺から避難した約11万人の住民に対し、1人の場合4000ルーブル(1ルーブル=約230円)、2人は7000ルーブル、さらに1人増すごとに1500 ルーブルの見舞金を支給、置いてきた家財道具などについてもすべて国家が補償したと述べた。


86/09/20 朝日 「ソ連原発事故4600億円の被害額」
ソ連のゴスチェフ蔵相は19日の記者会見で、チェルノブイリ原発事故の被害額は、原子炉、電力、工業、農業、被 災者への補償などすべてを合わせて総額20億ルーブル(約4600億円)に上ることを明らかにした。被災者への補償は国家予算から5億ルーブル、社会保険 から1億ルーブルが支出され、ほかに国民の寄付による救済基金5億ルーブルと海外からの救援金150万ルーブルも救済にあてられた。


86/10/31 産経 「事故処理作業員12人射殺さる?」
ソ連から西側に亡命したエストニア人で組織する「亡命エストニア人連帯委員会」は30日、ストックホルムで記者会見し、チェルノブイリ地区で今年6月、汚染除去作業に動員されたエストニア人300人が抗議ストを行い、うち12人が軍隊により射殺されたと語った。


86/12/10 東京 「放射性物質を人力で撤去」
チェ ルノブイリ原発で今年9月、事故炉の封鎖作業中に人力で放射性廃棄物を撤去した兵士が英雄称号を受けた。9日付けのソ連国防省機関紙「赤い星」によると、タカラノフ少将率いる作業部隊は、事故のあった4号原子炉の屋根に堆積した数10トンの放射能廃棄物と燃料 を除去する任務を与えられたが、遠隔操作のロボットが使用不能となった。このため、20キロの防護服で身を固めた志願兵5人がヘリで屋根に降り、放射能黒 鉛をシャベルで4号炉の内部に戻したという。作業は1分13秒続けられ、この間兵士は3.6レントゲンの放射能を浴びた。




 
1987年


87/01/21 北海道 「骨髄移植、効果なし」
来日中のソ連チェルノブイリ原発事故医療・治療研究調査団(団長・ボロビヨフ教授)が20日に記者会見し、事故直後被曝患者に施した骨髄移植などの手術はほとんど効果がなく、大半が死亡したことなどを明らかにした。重症患者13人に骨髄移植、また6人に胎児の肝細 胞を移植したが、助かったのは骨髄移植の2人だけで、残り17人は死亡した。


87/02/07 朝日 「70年間で死者4000 欧州の後遺症深刻」
ソ連チェルノブイリ原発事故に関する米政府特別調査団(デントン団長)は6日開かれた原子力規制委員会に独自の事故報告書を提出した。それによると、今後70年間にソ連で1万人以上、ヨーロッパでも4000人のガン死者が出るほか、ソ連で知恵遅れのこどもが大勢誕 生しているはず、と健康への深刻な影響を指摘している。


87/03/16 毎日 「セシウム137、報告の4.5倍も」
京都大学原子炉実験所の瀬尾健助手らのグループは16日までに、チェルノブイリ事故で放出されたセシウム137 の総量が、ソ連政府が報告した値の4.5倍の450万キュリーにのぼる、との試算を得た。欧州各地で採取された土壌サンプルやガンマ線の測定値を基に汚染状況を解析したもの。チェルノブイリ原発から半径30kmに沈着したセシウム137は31万キュリー、30-600kmに140万キュリー、600km以 遠に280万キュリー。合計450万キュリーは原子炉に蓄積されていた量(770万キュリー)の半分を超す。


87/04/06 朝日 「直後、被ばく恐れず記録映画」
去年4月のチェルノブイリ原発事故直後、ウクライナの映画製作グループが被ばくの危険を冒して撮影したドキュメ ンタリー映画が6カ月間も上映されないままになっていたことが分かった。映画は「チェルノブイリ:困難の日々の記録」。シェフチェンコ監督は、去年の秋に 編集の仕事をしていたころ病に倒れ、その後なくなった。


87/04/12 毎日 「西独で異常児出産急増」
西独の西ベルリンなどで異常児の出産が急増しており、専門家の間ではチェルノブイリ事故の放射能汚染によるものではないかとの見方が出ている。西ベルリンの人類遺伝学研究所によると、同事故から9カ月後の今年1月、西ベルリンでは10件のダウン症候群の新生児出産 が報告され、通常の1カ月当り2件を大きく上回った。


87/04/23 朝日 「放射線で13人が身体障害」
ソ連医学アカデミーのイリイン副総裁は22日の記者会見で、チェルノブイリ事故による急性放射線障害患者は 237人だったが、28人は死亡、209人が労働能力を快復したが、結局13人がさまざまな程度の身体障害者として残ったことを明らかにした。また、原発 から30km圏にいた約10万人が定期検診の対象者として登録され、特に子どもや妊娠中に事故に遭った母親から生まれた乳児などは特別監視しているが、現在までに異常はみられないとしている。


87/05/07 朝日 「国際協力で追跡調査へ」
チェルノブイリ原発事故で被ばくした人たちの大規模な健康追跡調査を国際協力で進めようという「放射線影響の疫 学的研究法についての専門家会議」が18日から5日間、国際原子力機関(IAEA)と世界保健機構(WHO)の共催でウィーンで開かれる。出席予定者は9 カ国23人で、ソ連からの参加者は3人。


87/05/23 朝日 「21世紀半ばまで追跡調査が必要」
ウィー ンのIAEA本部で開かれていた「放射線影響の疫学研究法についての専門家会議」は、人々への健康影響を 来世紀半ばまで継続して調べる必要があることなどを確認して22日終わった。ソ連のサウロフ代表によると、事故炉から30km以内にいて避難した住民13 万5000人全員の被ばく線量を推定し、それを登録する作業が行われている。


87/05/25 産経 「ソ連・ウクライナで住民に放射能恐怖症」
チェルノブイリ原発事故の結果に関する最近の記者会見で、ロマネンコ・ウクライナ共和国保健相は、「放射能恐怖症」に陥った一部の住民の間で牛乳、生野菜、果物などの摂取を控える動きがあり、栄養不良による体力低下が心配だと述べた。


87/09/29 毎日 「チェルノブイリ事故後、米の乳児死亡率上昇」
チェ ルノブイリ事故による放射能が米国に降下した昨年6月?8月の3カ月間、雨量の多い米西海岸や一部東部の各地で、乳児を中心に死亡率が異常に上昇していたことが、スタングラス・ピッツバーグ大名誉教授らの分析調査で明らかとなった。チェルノブイリの放射能が米 国に到着したのは昨年5、6月頃で、その直後の6月の乳児死亡率が前年同月比で約15%も上昇。7、8月も同7?4%高くなっていた。「チェルノブイリに よる放射能汚染に起因しているとしか考えられない」と結論つけている。


87/10/09 朝日 「事故原発の埋葬完了」
ウィー ンのIAEA本部で2日まで開かれていた原子力運転と安全に関する国際会議で、ソ連代表が、チェルノブイ リ事故について昨年の報告書以降の調査結果と対策を発表した。IAEAの専門家は、人々の健康への影響は昨年の予測より小さく、ソ連の安全対策も大幅に前 進したと評価する見解を発表した。


87/11/03 北海道 「2500人が人口中絶」
10 月31日に発売された英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」は、ギリシャで昨年、チェルノブ イリ原発事故の影響を恐れた女性2500人あまりが妊娠中絶手術を受けていた、とするアテネ医科大学の産科医グループの報告を掲載した。出生数を統計的に 分析した結果、ギリシャにおける1月の出生は予測の9100人から7032人に減少していた。2、3月もそれぞれ390人、103人予測より少なかった。 研究グループは、昨年5月、妊娠直後の女性の23%が人工中絶を受けたと推定できるとしている。IAEAでは、原発事故の余波で、西欧では10?20万人 の妊婦が中絶したとみている。





1988年


88/04/15 朝日新聞
東京で開会中の日本原産大会に出席している、ソ連原子力発電省のボローニン第1次官によると、チェリノブイリ事故後100万人が検査を受け、とくに3万2千人が病院で精密検査を受けた。急性放射線障害は237名で、31人が死亡した。同次官はこれらの数字に今も変化がないことを強調、また原発周辺も含め大部分は除染により元どうりになった、しかしセシウムの高いところが点々とあるのでそこでは厳重な管理を行っている、と述べた。


88/04/30 毎日新聞:モスクワ=ロイター共同
29日夜のソ連国営テレビによると、チ
ェルノブイリ原発事故の処理に携わった物理化学者レガソフ氏(52)が27日死亡した。国営テレビは死因を伝えていない。


88/05/08 朝日新聞:モスクワ=新妻記者
チェルノブイリ事故被曝患者の治療にあたったモスクワ第6病院当局者は5日付イズベスチヤ紙で、「事故2年間で住民の間には1人も放射線障害が出ていない」と述べた。


88/05/23 朝日新聞:モスクワ=新妻記者
ソ連のチェルノブイリ事故の初めから現場でその処理作業を指導し、先月下旬に自殺したクルチャトフ原子力研究所の故レガソフ第1副所長が残した「チェルノブイリ回想記」が20日付けのプラウダで公表された。「原発はサモワー ルのようなものだ」とうそぶく原発幹部など、無知、お粗末な安全対策ぶりをレガソフ氏自身の体験した事実で告発しており、遺稿となった回想記にはソ連の原 子力政策に対する強い警告がにじみ出ている。


88/09/06 新潟新聞:ロンドン=共同
ソ連医療遺伝子研究所のボチコフ研究員は、オックスフォードの学会で、ロシア共和国の60万人が生涯にわたり半年毎の健康診断を受けることになったと述べた。


88/09/29 北海道新聞:モスクワ=共同
27日のイズベスチャによると、ウクライナ共和国で遺伝性疾患の患者が大幅に増えている。共和国各地の特別施設には、不治の遺伝性疾患患者が10万人収容されており、毎年1万~1万2千人増加している。放射線との関連に記事は触れていない。


88/11/03 読売新聞:モスクワ=記者
ウクライナ共和国南西部のチェルノフツウィ市(人口20万)で、子供の 頭髪が抜け落ちる奇病が流行、放射能後遺症では、と市民の間に疑惑が広がっている。神経疾患をともなう脱毛症で先月までに子供82人が入院、現在も連日 2~3人の入院が続いている。地元保健当局は、放射能とは関係がないと否定。


続きを読む

このページのトップヘ