思いがめぐる

2014年03月




Galah_main

ガラー





舞露ゆみのブログに頂いたコメントです。
http://mairoyumi.wordpress.com/2014/01/04/%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3%E7%97%85/comment-page-1/#comment-7



By kururinn8さん

2014/1/5




これを読んでは、いけません。
もう、あなたは元のあなたに戻れないかも知れないから・・・
知っていて、知らぬふりが出来ますか?
悩んだり、苦しんだり、考え続ける旅が始まるのです。
ハッピィエンドとは限らない。
報われるとも思えない。
そんな、辛い旅になるかも知れないのに。
でも、それでも希望があると思えるのは、どれだけかは分からないけれど、
同じように考えている人達が、確かに居ると分かったから。
愛する人と、家族と、友人と親戚と、知人と、ご近所と・・・
自分の周りから、少しづつでもこんな思いを広げて行ければ、
或いは、この物語そのものが、要らなくなるのかも知れない。
痛みも苦さも込めずに、やさしくふんわりと愛だけを書けたらいいのに・・・・




White_Gardenia_flower

くちなし






☆kururinn8さん

コメントをありがとうございます。
とても力強いお言葉、食い入るように読んでしまいました。

勢いある踏み出しのお言葉から駆け上るかのようにメッセージが続き、そして、最後は、ひとひらの花びらが、ふうわりゆうらりと地面に舞い降りたかのような優しい思いに。
すてきなレビューをありがとうございました。

「痛みも苦さも込めずに、やさしくふんわりと愛だけを書けたらいいのに・・・・」
私の願いもまた、Kururinn8様と同じです。(^^)



「サム」 ~ 不思議な声といのちの旅 ~ [Kindle版]
http://www.amazon.co.jp/dp/B00G0SGSFW








star jasmine

スタージャスミン





『サムくんと出会えて、良かった!』
By さっちゃん

2014/1/29



サム君のような少年をそれぞれの立場から思いました。

もしも自分が、サム君のようだったら。
もしも自分の息子が、サム君のようだったら。

その、どちらにも共通することが有ります。
それは、素晴らしいの一言では言い切れない。
何かを選ぶときに、必ず良い側面と悪い側面を天秤にかけて、考える。
出来ればリスクの少ない方を、選ぼうと思う私です。^^;

私は動物が好きです。
出来るなら、その鳴き声の意味が聞き取れるなら、と思わずにはいられません。

でも、もし、それらが分かってしまったら、耳をふさぐことは出来ず、今以上に悲しい声を聴くことに
なるのかも知れない。
自分がそこで、何が出来るわけでも無ければ、更に苦しみは増すだけです。

自分でさえも、この苦しみを耐えがたい、と思う。
そうであるならば、我が子が苦しむであろう事は、親の立場になれば、更に辛いものです。

優しさと強さは、両極にあるように想いがちですが、これらは背中合わせにあるように思えます。

人間は、一人では弱いものですが、側に愛を持って寄り添ってくれる人が居れば、とても強くなれる生き物です。
家族という、一つの単位に囚われるだけでなく、出来ればもう少し拡大した人々の集団の中にも、
こんな風に、愛を持って寄り添うことが出来ると良いな、と切に思います。

サム君の旅は、まだ始まったばかりです。
彼は、一人ぼっちではありません。
そして私達も、サム君とこの家族と一緒に、心の手を携えて踏み出せるような気がします。
一人でも多くの方々と、そんな繋がりを持てるような希望が、本書から発信されているように思いました。




firecracker close up web size

ファイアークラッカー 花丁子





☆さっちゃん

素敵なレビューをありがとうございます。

「家族という、一つの単位に囚われるだけでなく、出来ればもう少し拡大した人々の集団の中にも、こんな風に愛を持って寄り添うことが出来ると良いな、と切に思います」
本当ですね。人と人との繋がりを、愛を持って築き上げていくことができれば、世界は、もっともっと素敵な場所になるのではないかと思います。

「一人でも多くの方々と、そんな繋がりを持てるような希望が、本書から発信されているように思いました」
もちろん、書く作品によってこめるメッセージは違ってくるのですが、それでも、いつも必ず書き込みたいことが二つあります。それは「愛」と「希望」です。
この作品から、「そんな繋がりを持てるような希望」を感じていただけたのだとしたら、作者として、とても嬉しく感じます。
ありがとうございます。



「サム」 ~ 不思議な声といのちの旅 ~ [Kindle版]
http://www.amazon.co.jp/dp/B00G0SGSFW





このページのトップヘ